歯ぎしりや噛み合わせの悪さからくる顎関節症について

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>全身に不調を及ぼす可能性のある「顎関節症」

全身に不調を及ぼす可能性のある「顎関節症」

顎関節症という症状が一時期話題になりました。あごが音を立てて鳴る、あごの関節の部分が外れやすくなった、口の開け閉めをすると痛い、口が大きく開かないなどの症状が起こります。あごの関節とその周囲の筋肉や靭帯、神経の不調からおこります。症状がひどくなると、頭痛、肩や首のこりをはじめ、全身に不調が広がってしまうこともあります。

主な原因は、歯ぎしりや歯の食いしばりによる力のかけすぎや、歯のかみ合わせといった口の中の症状からです。歯を必要以上に食いしばったり、寝ている間に歯ぎしりをしてしまうことも挙げられます。寝ている間の歯ぎしりや無意識のかみしめなどは、ストレスが原因の場合も。

また、若い人や女性に多い症状で、硬いものをあまり食べなくなっているだけに、あごのちからの衰えを指摘する声もあります。

あごが痛い、口をあけるのが辛いなどの症状がある場合は、無理して口を開けないで、しばらくかたいものを避けて食べましょう。睡眠中の歯ぎしりなどを防ぐには、マウスピースをつけて眠るようにする方法も効果があります。鎮痛剤を呑んだり、痛い部分を交互に温めたり冷やしたりするのも良い方法です。あまり痛いときは病院にいくことをおすすめします。

普段からの予防としては、片方に偏ってものを噛まないようにする、ほおづえや横になって寝る姿勢をやめるなど、左右どちらかに体重や負荷が偏らないように心がけたいですね。ストレスをためないこと、適度な運動を行うこともおすすめです。普段無意識にとっている姿勢やクセから来る症状が多いので、見直すことも必要です。