納豆やオクラなどネバネバした食品に含まれる

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>軟骨のもとと呼ばれるコンドロイチン

軟骨のもとと呼ばれるコンドロイチン

コンドロイチンとは、その名のとおりギリシャ語で「軟骨のもと」という名前を持っています。動物の軟骨から発見された成分です。

「ムコ多糖体」という粘性物質で、体を作る細胞や組織、繊維などの間に存在しているもの。特に大きなちょうつがいの働きをする軟骨には多く含まれている成分なのです。グルコサミンが軟骨をつくる材料なら、コンドロイチンは軟骨そのものともいえそうです。

コラーゲンやグルコサミンと同様に、加齢によって減少するコンドロイチン。コンドロイチンが減ってしまうと、軟骨そのものの柔軟性や弾力性が失われていきます。

食品では、納豆やオクラなど、ネバネバした食品に存在しています。うなぎやフカヒレ、すっぽんやどじょうといった、精力剤としても有名な食べ物にも含まれていますが、食べ物から身体に有効と思われる量を摂取するのは大変なことです。コンドロイチンはグルコサミンとセットでサプリメントになっていることも多く、ともに軟骨をつくる働きをたすける効果が期待できます。

コンドロイチンはサプリメントのみならず、医薬品にも含まれていることがあります。しかし、まだまだ研究によって明らかになる情報などもあり、効き目があるのかないのかは他のサプリメントと同様、まだ結論を急がないほうがよいようです。

ともあれ、軟骨をつくっている成分としてコンドロイチンが存在していることは確か。今後の研究次第では、他のサプリメント同様、より効果的にコンドロイチンを減らさない方法や、コンドロイチンを補う方法がでてくるかもしれません。

まずはお医者さんや専門家の意見などを取り入れつつ、自分で元気を後押しするようなサプリメントを無理なく続けることがおすすめです。