研究で効果が確認されている防已黄耆湯

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>漢方薬による関節痛の症状改善

漢方薬による関節痛の症状改善

関節痛に効果のある漢方薬はさまざまですが、とくに代表的なものを見てみましょう。

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
  • ヨク苡仁湯(よくいにんとう)
  • 麻杏ヨク甘湯(まきょうよくかんとう)
  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
  • 大防風湯(だいぼうふうとう)

このようなものがよく用いられています。特に防已黄耆湯は関節痛への効果が研究によって確かめられているものでもあり、広く用いられている漢方薬の一つです。

漢方では、関節(とくに膝)の痛みは、身体に機能している「気・血・水」の、水の部分が滞っているためと考えます。むくみやすかったり、水太りのタイプの人に多い症状で、新陳代謝が悪い傾向があります。「水毒」ともいいます。

このタイプの人は関節に水がたまりやすく、特に身体の体重を支えている膝に負担がかかりやすいため、痛みを感じやすくなります。この体質を改善するための漢方薬が防已黄耆湯です。利尿作用や胃腸機能の回復を促し、身体の水分をコントロールします。ひいては関節痛の改善にもつながります。その他、桂枝加朮附湯は痛みによく聞きますし、寒さや朝夕に関節がいたむひとにはヨク苡仁湯が効果的など、それぞれ得意分野があります。

関節痛に効く漢方薬は、身体の総合的な症状であるリウマチに効果があるものが多くみられます。時間をかけた体質改善を得意とする漢方薬ならではの効き目で、症状が改善したという人も多くいます。いずれにせよ、専門的な知識が必要な漢方薬。漢方専門の病院や薬局、薬剤師ともよく相談して用いるようにしましょう。