一度なると癖になりやすい急性腰痛症

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰について

腰椎椎間板ヘルニアとぎっくり腰について

身体を支える腰には様々な負担がかかっています。腰は大きな関節です。腰に起こる痛みの症状は多く、

  • 腰椎椎間板ヘルニア(ようついかんばんへるにあ)
  • 急性腰痛症(ぎっくり腰)

などが代表的な腰痛の症状です。

腰椎間板ヘルニアは、背骨の中でも腰の部分にある椎骨(ついこつ)の中にある椎間板(ついかんばん)が飛び出して、神経に障ることで痛みを感じます。加齢による骨粗しょう症が原因の場合や、姿勢や運動による身体への負荷から起こるケースもあります。悪化すると股関節や大腿部にも痛みを感じたり、しびれやむくみを引き起こすことも。

レントゲンやMRI、CTスキャンなどで検査をし、診断が下れば、痛み止めをのんだり、温める治療を行ったりします。コルセットなどで矯正したり、神経ブロックという麻酔を用いた治療も行われることがあります。

急性腰痛症は、いわゆるぎっくり腰のことです。急に重いものを持ち上げたり、身体を捻ったりして、腰に一気に負担がかかったときに起こります。とにかく動けないほどの症状がでることも多く、欧米では「魔女の一撃」ともよばれる強烈な痛みです。

とにかく無理なく動かせるようになるまで、安静にするのが一番良いです。足場の悪いところで無理な姿勢で荷物をもたないこと。重いものはいきなり持ち上げないことなど、いきなり腰に負荷をかけないように注意することで予防できます。

腰の痛みは慢性化しやすいためにやっかいです。普段から立つ、座る、寝る時の姿勢を正しく保つこと、腰の筋肉をほぐしたり、強化したりするストレッチやエクササイズを行うことで予防ができます。基本的に、急性の痛みには「冷湿布」を、慢性的な痛みには「温湿布」をすると効果的です。