HOME>変形性膝関節症の症状と治療法

変形性膝関節症の症状と治療法

関節痛と聞いて真っ先に思い浮かべる人も多いのが、膝の症状です。膝は、立ち歩きの際に身体の体重を受け止める場所です。

また、曲げ伸ばしなどの動きから、関節自体をよく動かすところでもあります。この部分の痛みは、日常の立つ、歩く、階段を昇り降りするなどといった基本的な動きに大きく影響するものです。

膝の軟骨がすり減ってしまう症状を「変形性膝関節症」と呼びます。関節性リウマチと並んで、膝の痛みを感じる症状としてはもっとも多いものです。40代を超えた女性や、スポーツで使いすぎた人に多いとも言われます。軟骨は膝への衝撃を和らげるクッションの働きをしています。軟骨がすり減り続けると、関節が変形してしまったり、筋力が衰えてしまうことも。

進行すると、正座の姿勢ができなくなる、いわゆる「膝に水がたまる」症状が現れたり、朝起きたときにこわばる感じを覚えたりします。痛みが辛いので歩くのも難しくなり、痛みが取れなくなるケースもあります。

病院で痛み止めの薬をもらったり、膝の動きを助けるサポーターなどをつける治療で症状を和らげることができます。症状がなかなか改善しない場合は、手術という方法も。

しかし、生活習慣や健康管理で膝への負担はずいぶん軽くできます。症状が深刻になる前に、膝へ負担をかけない工夫も効果的です。普段から適度な運動をし、筋力をつけて関節を守り、負担をかけない体重を目指すようにしたいですね。