身体の負担を減らしスムーズに動かすために

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>関節を助けるストレッチと筋肉

関節を助けるストレッチと筋肉

筋肉というとモリモリとした力強い身体にあるもの、と思いがちですが、どんなに痩せている人でも、年を取っている人でも、自分の体を動かすときに使っているのが筋肉。関節とも密接に関わっています。

関節はちょうつがいのように軟骨によって繋がれ、動くようになっていますが、その周りにも筋肉が張り巡らされています。筋肉がへり、力を失うと、関節の力だけによって動かなくてはなりません。これでは、関節に大きな負担になってしまいますよね。関節痛の痛みはそのまま筋肉や、筋のこわばりとなって症状を悪化させてしまいます。

ストレッチと言っても、難しいことをする必要はありません。手足をゆっくりまげたり、のばしたりしてみましょう。自分の身体がどんなふうに動いているか、ちょっと意識を集中してみます。のびると気持ちがいいところ、ちょっと突っ張った感じがするところ、それ以上やると痛いと感じるところ…。実に様々な感覚があることがわかります。ストレッチは、気持ちよく身体の筋肉を伸ばすことも大切ですが、自分の身体がどう動いて、その時どんな感じなのか?という感覚を知ることも重要な要素と言えます。

筋肉は適度に使い続けることによって動かしやすくなります。長年使っていない機械や道具は、錆びついて動きが固くなっていたり、動かなかったりすることがありますね。しかし、上手に動かすようにすれば、スムーズに動作します。筋肉や関節にも似たようなことがいえるでしょう。あまりに酷使するのもいけませんが、動かなさすぎもかえって良くないのです。

同じ姿勢をとることが多い、特にデスクワークの人などは小休止と共にストレッチをするのがおすすめです。腕を上に上げる、ちょっと膝をまげのばしする、そんな簡単なことも十分ストレッチといえます。関節を固まらせずに動かしやすくするためにも、ぜひ行ってみてくださいね。