筋肉で関節を守るとともに全身のバランスも考慮しよう

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>姿勢からくる関節痛と筋肉のバランス

姿勢からくる関節痛と筋肉のバランス

自分ではなかなか直せないのが姿勢やクセです。悪いと分かっていても、ついついそうなってしまうということが多いですね。

姿勢の悪さは、身体の要所要所を支えている関節にも負担になります。ハイヒールを長く履くことが多い女性は特に、ファッションのために我慢して合わない靴を履き続けることもあるでしょう。結果、足や膝といった部分の負担となり、腰や背中などにも影響が出てきます。

また、O脚やX脚といった足腰の筋肉のバランスの悪さから来る偏りも、部分的に関節の軟骨をすり減らしてしまいます。

自分にあった靴を見つけることはもちろんですが、靴のインソール(中敷き)を利用しても意外と効果があります。自分の身体の重みを受け止め、動かす足の負担をちょっとでも軽くして、痛くなりにくくしたいですね。

デスクワークによって起こる肩こりや腰痛も立派な関節痛です。同じ姿勢を長く続けることが多いと、血流が滞り、筋肉がこわばると痛みが出やすくなります。ストレッチをしたり、時間を区切ったりして、上手にデスクに向かう時間と、身体をほぐす時間をもちたいですね。

関節痛は筋肉の衰えとも密接な関係があります。骨や関節を支え、守ってくれているのが筋肉です。筋肉が衰えてしまうと、関節は直接、身体の動作からの負荷を受け止めなくてはなりません。筋肉は使わなければ弱っていきます。維持するためには、軽い足の曲げ伸ばしなどでも十分な効果があります。自分にあった筋力アップのトレーニングを行い、少しずつ続けてみましょう。