ヒスタミンの分泌や自律神経による不調

関節痛を感じたときに飲みたいサプリメントと成分

HOME>天気や季節によっておこる関節痛

天気や季節によっておこる関節痛

日本には四季という自然のサイクルがあります。春夏秋冬の移り変わりの中で、天気や湿度などの変動が大きいことも、実は関節痛の原因になることをご存知でしょうか。


お天気が悪くなる、雨が降ったり曇ったりするのは、低気圧の影響です。気圧が低くなると、痛みを感じる物質「ヒスタミン」が分泌されやすくなり、痛みを感じやすいのです。これは関節痛でなく、頭痛などの他の症状として出る人も多くいます。

しかし、関節痛を普段から感じている人にとっては、低気圧の影響は大きく関わってきます。お天気の悪いときはいつもより膝や腰、足や肩が痛い…というのは、気のせいではないのです。

また、低気圧になると、自律神経にも影響があります。身体の機能を調律する働きの自律神経の乱れは、不調の原因になります。身体のこわばりを感じたり、だるさなどの身体全体に感じる不調に加え、関節痛も辛く感じられます。

特に梅雨の間や、秋雨のように長い雨の時期には注意が必要。不安定な天候に身体も左右されます。お天気の影響も多分に身体の痛みと関わっていることを覚えておくとよいでしょう。

お天気の変化や季節の変化に影響されやすいかは、個人の体質に拠るところも大きいものです。自分の体調の変化を記録したり、どういったときに症状がでやすいのかを知ることはとても大切なこと。

痛みが辛い時期を少しでも快適に過ごすために、冷えや湿気などを避ける。あまり痛むときは無理をしない。あらかじめ予定に余裕を設けたり、周りの人に関節痛について話しておく。さまざまな心がけで、辛い時期を上手にやりすごすのも予防法のひとつです。